メルマガ タイトル メルマガ

開封率の高いメルマガタイトルを付けてはダメな本当の理由。

投稿日:2017年9月13日 ⇒ 最終更新日:

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

開封率の高いメルマガタイトルを付けてはダメな本当の理由

こんにちは、たんようすけです。

このページにたどり着かれたあなたは素晴らしいと思います。そもそも、タイトルの重要性が分かる頭の良い方は本当に極々極少数ですから。

いや、これマジです。メルマガタイトルのコツを検索されてみえるあなたのような方にとって、

「タイトルが重要なことなんて当たり前じゃないか!」

と叫びたくなるレベルだと思いますが、メルマガアフィリエイトで稼いでいると言われているあんな人やそんな方まで、下手なタイトルをつけて満足してしまっている人が実はゴマンといるのです。

それでも売れてしまうのが「メルマガ」という超優秀マーケティングツールなわけですが。逆に言えば、「名前」や「実績」でしか売れない人が、実は多いということですね。

タイトルのノウハウを持っている人から教わりましょう

もちろん、タイトルが下手でも、文章が下手でも、ただ「○○さん」が売っているから…という理由で売れるようになる、いわゆる「名前」で買ってもらえるようになるのが最強であることは間違いありません。

しかし、こと「メルマガアフィリエイトを教わる」という視点から見てみれば、指導者の出している結果がノウハウやハウツーによって裏付けされたものではなく、すでに過去の蓄積によって築き上げられた「名前」によるところであることに本人が気づいていないというのは、かなりの不安材料になることがお分かりいただけるのではないでしょうか。

そんな、結果の要因を正しく分析できていない指導者に従ったらどうなるか?・・・それがいかに悲惨な結末になるのかは、想像するまでもないですよね。

というわけで、この記事では、数年間でメルマガから「億」をゆうに超える利益を得ている私が「売れるメルマガタイトルをつけるためのコツ」について解説していきます。

通常、無料ではありえないトップレベルの内容をお伝えしていきますので、くれぐれも覚悟して読むようにしてください。

開封率の高いタイトルは正解か?

さて。初っ端から超超重要なことをお聞きしますが・・・

あなたは、「良いメルマガタイトル」とは、一体どんなメルマガタイトルだと考えていますか。

  • 目立つタイトル?
  • 他とは一味違うタイトル?
  • ギョッとするタイトル?

結局のところ、開封率の高いタイトル…?

もし、こんなふうに考えているとしたら、あなたにブレークスルーを起こしてもらうのはとても簡単です。あなたの今日までのくすぶりの原因は、まさにそこにありますね。

開封率の高いメルマガタイトルこそが目指すべきものであり、正解だ!と考えている場合には、その考えは今日で捨ててしまいましょう。

実は、開封率の高いメルマガタイトルを目指すことは、メルマガアフィリエイトで稼ぐ上で間違いなのです。

もちろん開封率を上げることも大事ですよ。

大事ですが、開封率よりも前にちゃんと意識しなきゃいけないことがあるのです。

とにかく開封率は高いけど売れないメルマガ

仮に開封率100%のメルマガタイトルをつくったとしましょう。でもってその上で膨大なリスト数があれば売れまくるか?と言えば、これじゃ今の時代売れないわけです。

一般的に「開封率の高いメルマガタイトル」と言えば、刺激的なワードやギミックを盛り込んだ、いわゆる「騙しタイトル」と呼ばれるメルマガタイトルですね。

この手法を使って売れる時代もありましたが、今はメルマガ読者さんも頭の良い方が多いので、そういうやり方でメルマガを開封させたところで、購入しないわけです。

仮に、

  1. 「ハメ撮りした女の画像晒します」
  2. 「メルマガの新教材をリリースします」

という2つのメルマガタイトルがあった場合、どちらの開封率が高くなるでしょうか。

この場合、前者の方が圧倒的に開封率が高くなります。が、成約率は雲泥の差で後者に軍配が上がります。

つまり、前者は開封率は高いが売れないタイトル。後者は、開封率はそこそこだが、売れるタイトル。と言えるわけですね。

ハメ撮りした女の画像が見たい!という感情を想像してみる

こうなる原因はとても簡単です。「ハメ撮りした女の画像だって…よーし見てやろう」と思う人達の属性を考えてみましょう。

男たるもの、この手のメルマガタイトルに反応してしまうのは、もはやサガとも言えるある種仕方がないことなわけですが。笑

ただ、ここで開封する人の多くは、「メルマガをちゃんと教わりたいな」と考えている人ではなく、ふとその一瞬だけ“性欲”という引き金によって興味を掻き立てられ開封してしまった人たちなわけですね。

「メルマガをちゃんと教わりたいな」と考えている人と、
「性欲という引き金」によってしかメルマガを開封してくれない人。

この両者が5:5でいた場合、どちらに多く開封してもらったほうが売れるのかは、火を見るより明らかですよね。

でもって、実際には「メルマガを教わりたい」と思っている人の中にも「性欲という引き金」で開封する人はいますが、この場合、開封した目的は「性欲」なわけで。メルマガを開封したところでその興味・欲求・目的は達成されないわけですから、本人も無自覚なレベルの潜在的な不満が、そのメルマガ発行者に対して溜まっていってしまうわけですね。

こうやって無意識的に貯まっていく信頼の数値を「信頼残高」と言いますが、騙しタイトルを使いすぎると、あなたにとって理想的な見込み客である読者さんの信頼残高が削られ、買ってもらえるものも買ってもらえなくなるのです。

メルマガタイトルの本当の目的とは?

メルマガアフィリエイトの目的は、メルマガを開封させることでも、読ませることでもなく、「商品を買ってもらえること。売れること。」です。

つまり、世間の三流メルマガアフィリエイターやエセコンサルタントが巷でよく言っているような、ただメルマガを開封させるだけのメルマガタイトルではまるで意味がないわけですな。

開封させるだけのタイトルではなく、「売れる」こと。そして「理想的な見込み客が反応する」ことを考えて、それができるメルマガタイトルをつけることが重要になっているというわけです。

で、これを踏まえた上で、その上でやっと「開封率を高める」ことの意味が出てくるのです。

この段階で開封率を高めることができれば、それはバンバンバシバシ売れるメルマガやステップメールが作れるようになりますからね。

というわけで、メルマガタイトルについては、これだけで3泊4日の合宿ができそうなくらいノウハウがありますが、ひとまず今回は、メルマガタイトルの本当の目的とは?という部分について、確実に習得していただければと思います。

ではまた!

-メルマガ タイトル, メルマガ
-, ,

Copyright© 結局仕組を作る人が勝つ , 2017 AllRights Reserved.